ニュース

TOP > ニュース > 2009年08月


« 2008年06月 | メイン | 2009年09月

2009年08月29日

HP商品情報vol.3 「もち豚塩胡椒」

%E7%84%A1%E9%A1%8C.bmp

商品情報の第3回目は、吉雪オリジナル“もち豚塩胡椒”です。

“柔らかくジューシーで、さっぱりした美味しさが人気!”
もち豚の名前の由来は、つきたてのお餅のようにもちもちとした歯ごたえで、柔らかく美味しい豚肉は昔から「もちぶた」と呼ばれたことにちなんでいます。“健康でおいしい”ことを追求し、飼料から生育環境までを徹底的に管理して育てられた豚で、日本人好みの、柔らかくて風味のあるおいしい豚肉です。また、豚肉特有の臭みが少ないため、さまざまな料理に幅広く使えるのも特徴のひとつです。

“栄養満点!ヘルシーポーク!”
コレステロール値を下げる良質の脂肪酸(オレイン酸)が多く、コレステロールの含有率が低くいうえ、牛肉や鶏肉に比べ、疲労回復に効果のある“ビタミンB1”が10倍程近く含まれています。また、老化防止、抜け毛防止、高血圧予防に効果があると言われるビタミンEが、普通の豚肉の4~5倍も含まれています。

“もち豚塩胡椒を美味しく召し上がりいただくコツ!”
冷凍庫から冷蔵庫に移し、半日から一日を目安にゆっくり解凍します。
味付けされていますので、解凍後そのままフライパンに少量の油をひき、片面ずつ焼いて下さい。焼きたてアツアツ、柔らかな肉質をお楽しみ下さい。

投稿者: 吉雪 日時: 17:08|

2009年08月16日

吉雪商品情報vol.2 「ごま味噌漬サーモン」

%E3%81%94%E3%81%BE%E5%91%B3%E5%99%8C%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%A2%E3%83%B3.bmp

商品情報の第2回目は、吉雪オリジナルブレンド“ごま味噌漬サーモン”です。

“焼き立ての風味豊かなごまの香りが人気!”
切身原料には当店一番人気の甘塩サーモンと同一原料を使用し、吉雪オリジナルの漬床「ごま味噌」に脂がのったサーモンを漬け込みました。他では味わえない風味豊かなごまの香りをお楽しみ下さい。

「ごま味噌」・・・程よく煎り、練りつぶした練り胡麻とすりつぶしたすり胡麻を、国産大豆を使った無添加の越後米味噌(白味噌)に合わせた漬け床。


“驚異のごまパワー!”
ごまには、小さいながらもたくさんの栄養素がギッシリ詰まっています。主な成分である脂質のほかにリノレン酸、リノール酸、オレイン酸などの不飽和脂肪酸は、血中のコレステロール値を低下させ動脈硬化の予防にも効果があると言われております!その他にもタンパク質や骨を丈夫にするカルシウム、大腸癌予防・便秘の改善に有効な食物繊維を含んだ健康食品なのです。

“ごま味噌漬サーモンを美味しく召し上がりいただくコツ!”
冷凍庫から冷蔵庫に移し、半日から一日を目安にゆっくり解凍して下さい。
漬床のごま味噌をキッチンペーパーなどで軽く払い、弱火で火加減を調整しながら焦げないように焼きますが、漬魚は焦げやすいので注意してください。
表面の焦げが気になるときは、焼き始めからアルミホイルで覆い、蒸し焼きしてから、仕上げにホイルを取り上げ、焼き色をつけると見た目もきれいになります。

投稿者: 吉雪 日時: 17:48|

2009年08月09日

吉雪商品情報vol.1 「甘塩サーモン」

%E7%94%98%E5%A1%A9%EF%BD%BB%EF%BD%B0%EF%BE%93%EF%BE%9D%EF%BC%9A%E7%84%A1%E9%A1%8C.bmp

商品情報の第1回目は、なんといっても吉雪一番人気商品“甘塩サーモン”です。

“良質でさっぱりとした脂ののりが人気!”
「今日の料理」のテレビや本にも紹介され、お子様からお年寄りまで、幅広くお召し上がりいただいています。良質でさっぱりとした脂ののり、冷めても身がやわらかいので、お弁当にもピッタリ!毎日でも食べあきない「鮭」だからこそ、美味しいものを!是非、炊きたてのご飯と一緒にお召し上がり下さい。カリカリに焼いた皮もお勧め!絶品です。

“サーモン・鮭はまるごと栄養カプセル!”
サーモンにはタンパク質、ミネラル、ビタミンなどがバランス良く含まれ、栄養価の面で大変優れている魚です。DHA(ドコサヘキサエン酸)は身体によく頭の働きをよくするといわれている不飽和脂肪酸。含まれる総量的な含有量は少ないですが、血液中のコレステロールを減らし、血圧降下、抗アレルギー作用も注目されています。また、サーモンの赤みの素であるアスタキサンチンは万病の元と言われる活性酸素の消去にも有効に働き、動脈硬化の予防に役立つ抗酸化作用の働きがありますし、皮には肌に潤いをあたえるコラーゲンも含まれています。これらの栄養を手ごろに食べられる「サーモン・鮭」だからこそ古くから日本の食文化に浸透しているのです。

“甘塩サーモンを美味しく召し上がりいただくコツ!”
冷凍庫から冷蔵庫に移し、半日から一日を目安にゆっくり解凍して下さい。
魚焼きグリルなどを充分に温め、少し強火で焼き始めます。火加減をみながら反対側に返してください。身はふっくらと、皮目をパリパリに焼き上げるのがコツです。

投稿者: 吉雪 日時: 13:08|

ページのトップへ